イルクーツクの風の音 

ロシアの中部、シベリアの南、ヨーロッパ文化の辺境、アジアの片隅、バイカル湖の西にある街を拠点にしている物書きの雑記帖                  written by Asami Tada ©2020多田麻美

ウランバートルの印象

まず、お知らせです。

明日22日の日本時間午前5時42分頃から、

NHKラジオの番組、『マイあさ!』の

「海外だより」というコーナーで、

先日ウランバートルで目にした風景についてお話しします。

マイあさ! - NHK

 

ウランバートルで一番印象に残ったのは、

結局、新しめできれいな日本車がたくさん走っている、

という風景でした。

 

これはあてずっぽうですが、

ウランバートルで、バスなどの公共交通より、

個人で自由に動ける自家用車の愛用者が多いのは、

公共交通の充実度の問題以前に、

やはり騎馬民族にルーツがある人々は

馬のような自分で操る乗り物で自由に移動することに

慣れ親しんでいるからではないか、

と思ったりしたのでした。

それは、最初にウランバートルに行った時、道路脇の草原を、

爽やかに馬で駆けていく人たちに出会った時の印象からです。

 

ただ、私たちの友人は、あまりの交通渋滞のひどさから、

できる限り建物から出ない生活を送っているのだとか。

自由な移動を求める人が多すぎてみんなが不自由になる、

というパラドックスは、現代都市ではありがちとはいえ、

ウランバートルは周囲に広大な大草原が広がっている都市だけに、

何だかひどくちぐはぐでシュールに感じました。

 

ちなみに、ウランバートルの街が買い物客で賑わっている理由の一つは、

ロシアから人々がバスや車で買い出しに来ているから、

という未確認説を聞いたのですが、それ以上に、コロナ対策で、

人々が長らく息苦しい生活をせざる得なかったことの、

反動なのでは、と思います。

 

そんなウランバートルの活気とコントラストを、

今回の放送でも、感じていただければ幸いです。

 

 

笑えない冗談

平和だった頃に立てた、イルクーツクに戻る計画。

長らく延期を余儀なくされていたが、

やっと何とか戻れそうな目途がついた。

こんな時期になぜ戻るのか、と言われても仕方ないが、

生活者として、向こうに家があり、ペットもいる。

ビザや夫の運転免許などをめぐる手続きも待っている。

今後しばらくは、日本滞在の時間を増やすにしても、

それなりの準備が必要だ。

 

イルクーツクの友人たちからも、

「今、帰ってくることは勧められないが、でもやっぱり会いたい」

といった連絡がしょっちゅうある。

 

戦争の当事国の人々と、それ以外の国の人々が、

手軽にSNSでやりとりできてしまう。

今はそういう時代だ。

それだけでも、十分に不思議な感じなのに、

その戦争当事国が、

じつは自分の生活の拠点がある場所だったりすると、

一応、今はまだ平和な国にいるだけに、

何だかリアリティが仮説化されたような、

空間がねじれたような、へんな感じがする。

 

自分がほんとうはそこにいるはずの場所が、

戦火こそ被ってはいなくても、

けっこう大変な、悪い冗談のような情況になっているのだ。

だがそんな時でも、ユーモアを忘れないのが、

スラバの友人たち。

 

「さ、砂糖がない!日本から砂糖買ってきてくれ!」

「ロシアに帰ったら、戦場に呼ばれるぞ、インターネットでカラシニコフの使い方、復習しとけ!」

!!!

面白いけど、さすがに笑えない。

実際、砂糖の値段はすでに以前の1.5倍に跳ね上がっているらしいし、

今は一応、50歳を過ぎた者は軍隊には呼ばれないとされているとはいえ、

戦争が長引いたらどうなるか分からない。

 

お願いだから、一日も早くこれらが、

「笑いとばせる」冗談になる日が戻ってきて欲しい。

もちろん、戦場には、冗談さえ永遠に凍りつくほど、

残酷な現実があるのだけれど。

 

花も団子も芸術も

先月始まった、スラバ・カロッテの個展『Paintings with Books』、
お蔭さまで多くの方々に支えられつつ、開催中です。
展示は少なくともあと1か月は続くかと思います。

f:id:lecok:20220408231214j:plain

ここが入り口です。

f:id:lecok:20220408231301j:plain 

今回は販売もしています。拙著も便乗。

f:id:lecok:20220408231328j:plain

美味しいコーヒーで一息。

 

先回と同じく、会場はいろいろな人の縁や輪が繋がる場となっており、
私も恩師、同窓生、幼馴染、学生時代の先輩や後輩、北京時代の同僚や友人、親戚などの、そのほとんどは長らくご無沙汰していた方々と、
懐かしく貴重な再会の時間を過ごさせていただきました。
 
この引力はまるでパワースポットのようだと思っていたら、
すぐ隣にある元城町東照宮、つまり浜松城の前身である引間城のあった場所は、
浜松でも指折りのパワースポットなのだとか。
 
今回の展覧会はごく小規模なのですが、
近くに浜松城公園という大きな公園があり、春は散歩に最適。
桜はもう散り始めていますが、天気さえ良ければ、
うららかな春の陽ざしのもと、自然を身近に感じることができます。
時には、空気の中に初夏の香りさえ漂っていることも。

 

f:id:lecok:20220408231715j:plain

f:id:lecok:20220408231621j:plain
癒す力満点の公園の魅力ゆえに、
お弁当を手にベンチで昼食をとる習慣ができ、
今年はまさに「花も団子も芸術も」と欲張った、
お花見三昧の春となったのでした。

f:id:lecok:20220408231722j:plain

外国語について思うこと&4月から新連載

外国語、ガイコクゴ、がいこくご

どう書いても、お堅くて、頑固そうな言葉。

学ぶのがたいへんなのも、分かる気がします。

 

でも、まるで大本営発表のようになってしまった、

ロシアの国営放送のニュース番組を耳にするたび、

母国語以外でニュースを見聞きできることの大切さを、

しみじみと感じます。

 

もちろん、外国の言葉のニュースなら、必ず信頼がおける、

というわけではぜんぜんなく、比較することで、

今手にしている情報を客観視できることの大切さを思うからです。

 

そんなことをつらつらと思うなか、新年から新連載が始まる

NHKラジオ『まいにち中国語』のテキストの巻末コラムでは、

これまでと違い、中国語の言葉そのものがもつ面白さを

テーマにすることにしました。

 

外国語を学ぶなど、苦手中の苦手。

そう思い込んでいた自分が、18歳の頃に出会った中国語は、

学べば学ぶほど、面白さが増す言葉で、

その魅力は、学ぶ大変さを十分にしのぐものでした。

 

今回は、そんな初心を振り返る連載にすることで、

今の自分自身にも発破をかけられたら、と思っています。

ご興味がある方は、ぜひ手に取っていただければ幸いです。

f:id:lecok:20220324221317j:plain

 

 

 

「海外マイあさだより」でイルクーツクの話題

いつもぎりぎりのお知らせですみません

明日、12日早朝、NHKラジオ「マイあさ!」という番組の「海外マイあさだより」というコーナーで、シベリア在住者の目から見た昨今の情勢についてお話しします。

恐らく、5時46分前後から始まります。

https:w4.nhk.or.jp/my-asa/x/2022-03-12/05/71587/3761429/

ミニミニ個展『Paintings with Books』のお知らせ

しばらく、ニュースを見たり読んだりしては、

ウクライナのことを議論して、

何も手につかない時間が続いた。

時事問題でここまで頭がいっぱいになるのは、

領土問題で日中がもめた時以来だ。

 

だが、目の前のことをおろそかにして、

そのまま干からびてしまうわけにもいかない。

自分たちにやれることを、地味にやり続けるのみ。

 

やれることとは、かくことと、つたえること。

 

そんなわけで、

3月26日から、浜松城公園の近くにある古本と珈琲のお店、

『八月の鯨』で、スラバのミニミニ個展が開かれます。

会期は3週間以上で、終了日は未定です。

f:id:lecok:20210621010517j:plain

行くたびに、学生時代のようなわくわくした気持ちで

本やCDと接することができる『八月の鯨』さん。

香ばしいコーヒーの香り漂う、くつろぎの空間の一角に、

スラバの絵を置けるのは、とてもありがたいです。